そもそも敷金ってナニ?

一人暮らしを始めるにあたっては、初めてのこと、わからないことが山のように出てきますよね。特に気を付けたいのは、物件を探す際の各料金項目。

「賃料…はわかる。共益費?字面を見ればどうにか…。礼金、誰かへのお礼?敷金…敷金?なんだろうこれ?」

一人暮らしをしようとする限り、人生で一度は必ず出会う疑問のはずです。さらには「敷金、礼金なし」といった条件の物件も近年では珍しくないですね。「なんだかわかんないけどお金かからないんでしょ?ラッキー!」で思考停止してはいけません。特に敷金は、「ない」なら「ない」で丸儲け、などというオイシイ話でもないのです。ここでしっかりと敷金のなんたるかを確認して、自分にあった物件選びを心がけましょう。

敷金とは「部屋を元に戻すため」のお金

敷金とは部屋に入居するための契約をした際、事前に払うお金のことです。そしてこれが実際に使われるのは、入居してからずっと後、部屋を退去する時になります。すなわち「部屋を原状回復する」、汚れや傷を補修し、入った時の状態に戻す費用に充てられ、使われなかった分の差額は戻ってきます。当然、部屋を奇麗に大事に使えば、その分戻ってくるお金は多くなるわけですね。

では、敷金がない物件では原状回復をしなくてよいのかというと、そのようなことはまずありません。大抵の物件では代わりに「クリーニング代」なる項目が設けられ、退去した後、実際にかかった費用が請求されます。敷金との違いはおおざっぱに、前払いか後払いかの違い、と考えておけば問題はありません。契約時の書類を確認すれば、必ずどちらかは記載があるはずですので確認しておきましょう。