賃貸物件退去の際の費用請求システム

賃貸物件を借りて使用した場合、退去する際には部屋に与えた損傷につき補修費用を請求されることがあります。費用は敷金から充当され、残額が返金されますが、敷金で足りない場合には追徴されます。部屋への損傷とは、備え付けのエアコンや給湯器などの故障や不具合よりも、主に天井・壁・床の傷を指す場合が多いと言えるでしょう。賃借人に故意や過失が認められる場合、一定の比率で補修費用を請求されることが多いのです。契約にもよりますが、賃貸人と費用を按分することが多く、よほど賃借人の責任が大きくない限り、全額を賃借人が負担することはあまりありません。また、経年劣化による損傷については、賃貸人の全額負担となっており、賃借人が費用請求されることはないでしょう。

タバコの灰で床を焦がしたら費用を請求されるか?

まず、禁煙の契約の場合は、契約違反による損傷となるので、賃借人の責任は大きく費用の全額を請求されることも珍しくありません。喫煙できる部屋であった場合でも、タバコの灰による焦げ以外に床の損傷がない場合には、フローリングの張り替え費用を請求されることもあるでしょう。ただし、元々床の劣化が激しく、タバコの灰による焦げが無かったとしても張り替えが必要となる場合などは、賃借人に費用請求されないこともあります。このように、明らかに賃借人の不始末による損傷であっても、損傷部分の状況に応じて経年劣化など他の要素も考慮し、総合的に費用請求の可否の判断がなされるのです。同様に、壁に子どもがいたずら書きをした場合でも、元々壁を張り替える予定であれば、落書きの分について費用請求されることは滅多にありません。